IBMi+WatsonAnalytics

IBMiWatsonAnalytics11

IBMiWatsonAnalytics22

 

Watson Analyticsの分析能力を使ってIBM i のデータを可視化

IBM iプライベートネットワークのデータベースに、セキュアな通信環境を構築し、
そのプライベートデータベースとWatson Analytics間で即時データマイグレーションが可能です。

IBM iをインターネットに公開する必要もないので、セキュリティも担保できます。

 

Watson APIを使ったPoCサービス


chatbot_lot_development_case

Watson APIを使ってChatBotを実装しています。



インバウンド対応アプリ


apple_case
googleplay_case

九州をメインとした訪日観光客向けの旅行情報アプリ

ここで自由に旅の感想を書き込み、写真をシェアする。美味しい店を紹介し、地図アプリで行きたい場所を案内する。日本語、韓国語、英語、繁体字、簡体字の5言語に対応しており、「九州旅旅」で九州の地元の人しか知らないグルメ、絶景、特産を知る、九州の素晴らしい旅をサポートするアプリです。
さらに旅の緊急時に欠かせない病院や交番といった情報も、現在地を軸に近くにあるスポットを多言語で表示してくれます。投稿された情報はIBM Cloud上にデータが蓄積され、APIですぐに5ヶ国語に翻訳されます。
リアルタイムで九州の情報を得ることが出来る、外国人の、外国人による、外国人の為の旅アプリです。


飲食チェーン向け受発注システム


bluemix_ordering_case

IBM Cloudを使った、大手飲食チェーン店の受発注システム

本部と各店舗の在庫情報を見極め、仕入先へ発注入力/自動発注を行い、仕入先にて受注/発送入力を行い、本部にて情報/進捗管理の一元管理が可能となりました。
本部での発注量の最適化、仕入先との請求情報の一元管理を可能としています。
また各店舗のレジデータをクラウド上で連携し、注文情報の閲覧/分析を行っています。
今後はWatson/BIツールを活用し、各店舗ごとの注文情報分析/売上分析/自動発注の最適化を行っていく方針。


弊社IBM Cloud開発事例

Power-Navi+IBM Cloud事例   営業支援クラウドサービス
ECCube+IBM Cloud事例 関西地区 飲食チェーン食材SCMシステム
ECCube+IBM Cloud事例 関東地区 塗料卸販売SCMシステム
ECCube+IBM Cloud事例 関東地区 運輸配車システム
Vyatta+IBM Cloud事例 中国地区 通販システム仮想ルーター活用
Vyatta+IBM Cloud事例 福岡地区 社会インフラWebサイト
IBM Cloud事例 福岡地区 卸チェーンバックアップ活用

softlayer sol 03

softlayer sol 04

softlayer sol 05


IBM Cloudの特長

詳細はこちら

サービス一覧


IBM Cloud導入支援

IBM Cloudの導入に際し、お客様のシステムのIBM Cloud導入相談から設計・運用
までワンストップでご提供するサービスです。

IBM Cloud運用代行

サーバーやリソースの監視及びバックアップの取得、障害時に一時対応まで
IBM Cloudスペシャリストがサポートするサービスです。

IBM Cloud課金代行

通常ドル建て。クレジットカード払いのIBM Cloud利用料金を、
日本円+請求書で支払えるサービスです。

FBI Hybrid Cloud Service

FBI Power Cloud Center上で稼働する。
PowerLinuxIBM CloudVPNで接続するサービスです。


クラウドファイルサーバー


softlayer sol 01

FBI Hybrid Cloud Service


softlayer sol 02




20150301 01
20150301 02

モバイル調査点検のお客様事例


モバイル調査点検業務の導入期間を短縮

点検業務を行っているA社様は、クラウド・ホスティング環境としてIBM Cloudを利用するBizTouch-Checkerで点検を行っています。 クラウドサービスとしてインフラ環境を準備したため、管理サーバーとネットワークの準備までは1時間以内で実現することが出来ました。モバイル点検業務の導入決定から業務のスタートまでは従来2ヶ月を要していましたが、1週間でスタートできました。

高いセキュリティ

個人の信用調査を行うB社様は、IBM CloudとIBM MobileFirst Platform Foundationで構成されたBizTouch-Checkerを使用してモバイル調査業務を行っています。 個人の信用情報を扱うというセキュリティ・リスクの観点からクラウド上にデータを持つことを望んでいませんでしたが、Bluemixのベアメタル・サーバーと、その標準のセキュリティ制御機能、コンプライアンス認証、IBM MobileFirst Platform Foundationの持つモバイル・セキュリティ機能を連携すれば社内のセキュリティ要件を満足していると判断され、クラウドで提供されるシステムへ移行を決定しました。

カスタマイズ案件でも導入期間を短縮

不動産の点検を行うC社様は、BluemixとIBM MobileFirst Platform Foundationで作られたBizTouch-Checkerのカスタマイズ版を導入しました。 従来1ヶ月を要していた管理サーバーの環境構築は1時間で用意することが可能でした。 システムのカスタマイズにおいても、MobileFirst Platformで構成されているため、複数種類のモバイルデバイスを使用する要件であったにもかかわらず、単一コードで開発できるメリットを生かし、短期間でスタートすることが可能でした。

社内のIBM iとIBM Cloudのハイブリッドクラウド

婦人服メーカーのD社様は、社内の基幹システムが稼動するIBM iとIBM Cloud上のBizTouch-Checkerを連携した発注システムを構築しました。 社内にサーバーを構築し、さらにモバイルデバイスとの接続用のネットワークやファイアウォールを準備するよりも、IBM Cloudで提供されるシステムにコストメリットがあると判断されました。IBM Cloud上のサーバーは社内ネットワークとVPNで接続され、IBM iとのデータ連携も、ほぼリアルタイムに近い形で可能となっています。