不慣れな環境のプログラムソースを解読するのに困っていませんか?

ファイルやフィールド名がIDでなく、テキストで表現されていれば、どんなに良いでしょう!

例えば、「MSTENP」は「店舗マスタ」、「TETNCD」は「店舗コード」と表現されれば、ソースの解読も容易になってきますね。

そこで今回ご紹介するのが、ソース解読の強い味方、ソース日本語翻訳ツール『SRCTXT』です。

RPGソースを日本語翻訳して、リストに出力します。

これなら、ソースの解読も思いのままです。

また、通常ソースと翻訳ソースの相互表示ですので、新入社員へのプログラム教育にも最適です。

印刷サンプルはこちらからダウンロードできます。

RPGソースを日本語に翻訳

  • ファイルを日本語ファイル名で表現
  • ファイルのフィールド名を日本語フィールド名で表現
  • E仕様書やC仕様書のワークフィールドを日本語名で表現
  • 内部サブルーチンも日本語で表現
  • MOVEやIFなどの命令語も全て日本語で表現

通常ソースと翻訳ソースの相互表示

左半分は通常ソース、右半分は翻訳ソースとして出力されます。

ファイル出力にも対応

スプール以外に、ファイルへの出力にも対応しました。