CASE STUDY

開発事例

BtoB EC導入による受注業務の効率化

BtoBEC導入による受注業務の効率化

 

  お問い合わせ  

 

 

関連資料
FAXや電話での受注業務を削減し、効率化を実現する方法する方法

FAXや電話での受注業務における課題解決のポイントをまとめました。画像クリックでホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

 

お客様の課題

■  電話、FAXでの受注が主なため基幹システムへの手入力負荷が高い
  手入力時に入力ミスがあり誤出荷に繋がるケースがある
  商品点数が多岐にわたり教育コストが高く、「この前の追加で」という具体名の無い注文や類似商品の誤認識により誤出荷に繋がるケースがある
  業務時間外でも受注の電話が鳴り対応している
  在庫、納期回答のため折り返し電話、FAX返信を行っており業務負荷となっている
■  大量の紙管理が必要になっており整理の手間や保管スペースの確保が必要になっている
■  出社しないと受注業務ができない状態になっている

WEB受注システムフロー図

今までは電話やFAXで注文を受け付け基幹システムに注文情報を入力していた作業が、BtoB ECの導入で受付業務が削減され基幹システムに手入力する手間がなくなります。
また、業務時間外に掛かってきていた電話もなくなり、働き方も改革され誤配送が少なくなります。

 

導入の効果

  電話、FAXでの受付業務が削減され、基幹システムに手入力する作業もなくなった
  得意先自身で写真と詳細を確認し注文を行うため誤認識と誤配送がなくなった
  webで出荷状況が確認できるため納期回答の電話対応が減った
■  業務時間外に掛かっていた電話がなくなり、働き方改革に繋がった
■  注文履歴が残るため同じ得意先で複数の発注担当者がいる場合、誰が何を注文したか管理しやすくなり問い合わせが減った
  ペーパーレスが実現し紙や印刷コストが削減された

上記のように、Web受注の体制を構築することで業務効率化を図ることができ、また人為的ミスも少なくなります。
日常業務の生産性が上がり創出された時間を、戦略的な業務に充てることが出来ます。

 

【3分で分かる!】受注業務を自動化する「BtoB ECサイト構築サービス」とは?

 

EC-CUBE の特徴

BtoB ECはEC-CUBEをベースに開発を行っています。
EC-CUBEは日本No.1のECオープンソースプラットフォームで、カスタマイズ、外部サービスとの連携、基幹システムとの連携が可能です。非常に自由度の高いカスタマイズが可能で、豊富なテンプレートも用意があり、パッケージでは実現できない細かな要件に合わせた開発が可能でありながら、開発期間の短縮が可能となっています。


お客様のご要望、目的に合わせて柔軟なご提案をいたします。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

  お問い合わせ  

そんなご質問・ご相談でも大歓迎です!

ITの力で企業の未来を支える

お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望に合わせて、最適なシステムをご提案いたします。

お問い合わせ