IBMi & DX
FBI Power Cloud Center

FBI クラウドセンター

FBI Power クラウドサービス

 

サービス概要

福岡情報ビジネスセンターが提供するPower クラウドセンターは、IBM PowerSystems(IBMi,Systemi,AS/400)提供に加え、+α(アプリ保守・アプリ開発・運用支援)のサービスを提供するオールインワン・クラウドです。

安全と安価を徹底して追求し、IBMi の最新設備IaaS をご提供いたします。お客様システムをクラウド化し運用・維持コストを削減することが可能です。さらに単なるサーバー環境のご提供にとどまらず、お客様に合わせてアプリ保守・アプリ開発・運用支援のトータルサポートが可能です。

 

Power クラウドセンター設備

QICデータセンター博多駅に、FBIクラウドセンターを構築しております。
・高信頼ファシリティの証であるJDCCファシリティスタンダード ※ティア4に適合しています。
・ISMS認証やFISCに準拠した厳重なセキュリティを完備しています。
※日本データセンター協会が定めるデータセンターの堅牢性・可用性・セキュリティ性能を示す基準

 

地震や津波などの自然災害リスクが低く、クラウド拠点として最適な環境です。

 

建物免震構造を採用しています。制振ダンパーは設けず、高減衰積層ゴムのみを使用しています。
震度7クラスの地震に対しても運用可能なデータセンターです。

 

7段階のセキュリティ装置を設置する事で万全のセキュリティを確保しております。

 

QLF(Qic Location Free)サービス

東京のアクセスポイントとQicデータセンター間を結ぶ、高速・大容量の拠点間ネットワークサービスです。
当社データセンターとIBM CloudやAWS、Google等のパブリッククラウドとダイレクトに接続することができる帯域保証型のネットワークサービスです。

 

<活用例1>

東京側DCにメインサイトをお持ちのお客さまが、BCP/DR対策として、福岡側DC(当社)にバックアップサイトを構築

<活用例2>

Qicデータセンターお客さまラック内の既存オンプレミス基盤とパブリッククラウド上のシステムを接続

 


標準仕様

▪ Powerクラウドサービスの標準仕様は次の通りです。
モデル:Power System S914
OS:IBMi V7R3
CPU(CPW):1000
メモリ:8GB
ディスク:100GB(ミラーリング)
通信:LAN4ポート
ライセンス:IBMiユーザー数無制限、AP1多機能印刷、QU1Query、ST1SQL、WDSADTS1、WDSILE1、WDSHeritage1
▪ お客様のクライアントよりセンターまでの通信機器費用、回線費用はお客様のご負担になります。
▪ 本サービスは基本サービスで提供される区画へIBMi を初期導入、システムバックアップを取得した状態でお引き渡しを致します。

 

オプション

・アプリ保守・アプリ開発・運用支援
・データバックアップ(簡易タイプ/通常タイプ)
・QLF(Qic Location Free)パブリッククラウドダイレクト接続
(データセンターラック内のお客さまの既存オンプレミス基盤とパブリッククラウド上のシステムを接続)
・CPW増強 ※基本1000CPWまで。それ以上は別途ご相談
・メモリ増強 ※基本4GBまで。それ以上は別途ご相談
・DISK増強 ※基本200GBまで。それ以上は別途ご相談

 

プラン・価格

■初期費用 130万~
・クラウド環境構築
・現行システム移行

■月額費用 14万~
・クラウド環境利用料(1000CPW、8MB、100GB)

※詳細はご相談の上お見積りさせていただきます。

そんなご質問・ご相談でも大歓迎です!

ITの力で企業の未来を支える

お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望に合わせて、最適なシステムをご提案いたします。

お問い合わせ