CASE STUDY

開発事例

バーコードを利用しピッキングを正確かつ迅速に!

バーコードでピッキングを
正確かつ迅速に!
バーコード
ピッキングシステム
お客様開発事例

  お問い合わせ  

お客様の課題

ピッキング対象の在庫位置が分かりにくく、アイテム数も多いためピッキングに手間がかかる
ピッキング作業及び実績の記録は紙で行われており業務管理が困難となってきている
そのため在庫数は従業員の記憶ベースとなっており正確な在庫数の把握も困難となっている

システム概要

倉庫内での効率的なピッキング作業を支援するために、各棚にバーコードラベルを貼付し、ハンディターミナルでバーコードを読み入出庫を記録し、管理画面で棚ごとの在庫数把握を実施しました。
ピッキング指示書はバーコード付きで生成され、ハンディターミナルで読み取ることで指定されたアイテムがある棚を画面に表示します。
ピッキング作業終了後は、ハンディターミナルから実績データを送信し、システムで在庫数を自動計算することで在庫管理を行い誰でも確認できるようにしています。また倉庫内の作業効率を向上させるために、作業開始位置から最終棚に至る導線で往復が無いよう最適化されたルートを表示し、作業効率化を実現しています。

構成図

システム導入による効果

ピッキング指示書のバーコードを読み、対象アイテムの位置を表示することで正確な作業と機動性を実現
作業後、ハンディターミナルからデータを送信し、リアルタイムで在庫情報を反映
ピッキングの効率化を図り、作業時間の短縮によるコスト削減とストレスフリー体制を構築
在庫状況を見える化し情報管理体制を強化する仕組みを実現
作業が初めてのスタッフでも、システムが導いてくれるので教育期間も削減

お問い合わせ

福岡情報ビジネスセンターでは、お客様のご要望や目的に合わせた柔軟なご提案が可能です。
システム開発のご相談につきましては、下記リンク先のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

  お問い合わせ  

関連リンク

▼「バーコードピッキングシステム」についてはこちら

そんなご質問・ご相談でも大歓迎です!

ITの力で企業の未来を支える

お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望に合わせて、最適なシステムをご提案いたします。

お問い合わせ