CASE STUDY

開発事例

表示器・プロジェクターを活用しピッキングを効率化

  お問い合わせ  

システム概要

デジタルピッキング、プロジェクションピッキングは、表示器やプロジェクターを活用したピッキング支援システムです。
工場や物流センターのピッキング作業者は、表示器やプロジェクターが光った場所に足を運び、表示された数だけアイテムを取り出します。
表示される指示に従って作業を行うことで、人のスキルに依存しない正確かつスピーディーなピッキング作業を実現します。
また、運用フローがシンプルな為、教育コストも削減でき外国人労働者でも素早く現場に対応できます。

DPSの特徴

棚に表示器を取り付け、ピッキング指示を基にアイテムのある棚を光で知らせてくれるシステムです。
大きいアイテムから小さいアイテムまで、広い倉庫で様々なアイテムを有している場合に有効です。

PPSの特徴

ピッキング指示を基に、プロジェクターが上から棚を照射することでアイテムのある棚を光で知らせてくれるシステムです。
表示器の取り付けが難しいような引き出し式の棚や、小さい間口の棚などに有効です。

お客様の課題、導入の効果

【お客様の課題】

■ ピッキングミスがなくならない
■ 人手不足で作業を効率化しないと回らない
■ 作業量が増えスピードアップしないといけない
■ ペーパーレス化を進めない

【導入の効果】

■ ピッキング精度が向上しミスがほとんどなくなった
■ アイテムを探す時間が無くなり生産性UP、少ない人数で作業ができるようになった
■ 最適なピッキング導線で動けるようになり効率的な作業が可能になった
■ ピッキングリストが不要になり紙コストが削減された

お問い合わせ

物流センター、倉庫内のピッキング作業の効率化について貴社業務に合わせた仕組みをご提案させていただきます。
ヒアリングからご要望に応じてお見積りさせていただきます。お気軽にご相談ください。

  お問い合わせ  

関連ソリューション

デジタルピッキングシステム
プロジェクションピッキングシステム

そんなご質問・ご相談でも大歓迎です!

ITの力で企業の未来を支える

お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望に合わせて、最適なシステムをご提案いたします。

お問い合わせ