CASE STUDY

開発事例

IBM iとWeb受注システムを連携し受注業務を効率化

IBM iとWeb受注システムを連携し受注業務を効率化

  お問い合わせ  

お客様の課題

電話・FAXなどからの注文情報を手入力しており、業務負担が大きい
入力ミスや作業時間を削減し、業務効率化を図りたい

システム概要

業界特化型のWeb受注システム(EDI)を導入し、お客様の基幹システム(IBM i)へ注文情報を自動で取込む仕組みを構築。

構成図

システム構成図

基幹システムはIBM i上で稼働しているため、ソルパック社が提供するファイル転送ツール「GoAnywhere」を使用し、EDIから基幹システムへ注文情報を取得。CSVファイル形式で出力された注文情報を、「GoAnywhere」を使用することでSFTPでセキュアにデータを受信し、基幹システムの受注ファイルに取込む仕組みを実現。

システム導入による効果

Web受注システム(EDI)の導入によって、手入力の作業が減り業務負荷が低下
注文情報を自動取込することで、受注・発注処理にかかる時間を削減

お問い合わせ

福岡情報ビジネスセンターでは、お客様のご要望や目的に合わせた柔軟なご提案が可能です。
システム開発のご相談につきましては、下記リンク先のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

  お問い合わせ  

関連リンク

そんなご質問・ご相談でも大歓迎です!

ITの力で企業の未来を支える

お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望に合わせて、最適なシステムをご提案いたします。

お問い合わせ